【kintone TIPS】ラジオボタンの選択により組織選択フィールドに部署名を格納する

kintone_tip1_title
kintoneの初心者向けにtipsを紹介していくコーナーです。
主にJavascriptによるカスタマイズで、なるべく実例を紹介していきます。

なおカスタマイズに必要となる前提部分は省いています、初心者向けと書いたものの多少はJavascriptによるカスタマイズ方法を理解している人向けです。

今回の内容はラジオボタンで選択した内容によって、組織フィールドの内容を変更するという処理です。

Advertisement

やりたい事

section_change

このようにラジオボタンの選択によって、下の組織フィールドに同じ部署名を格納するという処理です。
簡単な処理のはずなのに、kintoneは選択フィールドが配列扱いなので単純にvalueに代入するだけでは上手くいきません。

各パーツの情報

使用しているパーツの情報です。

パーツ名 ラジオボタン
フィールドコード 部署選択
パーツ名 組織選択
フィールドコード 組織選択

なお事前にラジオボタンに記載されている名称と同じ部署名が登録されているものとします。
部署名と部署コードは同一で登録しています。

サンプルコード

JavaScriptのコードは以下の通りとなります。

ラジオボタンのChangeイベントが発生したら、変数radioSectionに部署名を格納します。
その後、Switch文で条件分岐させて組織選択フィールドに格納するという処理です。

組織選択フィールドへの値の格納

組織選択フィールドは複数登録できるようになっています、そのためフィールドは配列扱いになっています。

のようにvalueの後ろに[0]を付ける事で、組織選択フィールドの1番目に値を入れる事が出来ます。
組織の値を入れる時は部署コードと部署名を指定します。

なおユーザー選択フィールドや、グループ選択フィールドでも考え方は同じです。

値のクリア方法

「なし」が選択された時はフィールドの値をクリアしますが、下記のように記載します。

この時の注意点ですが、値をクリアする時はvalueの後ろに[0]を付けてはいけません。
[0]が付いたままだとエラーになりますので、注意してください。