【football manager 2018】無料の公式 Editorで選手名を日本語化してみる

FM2018_title4
前回の記事では、公式のエディタであるfootball manager 2018 Editorを使用してチーム名を日本語化する方法を紹介しました。

【football manager 2018】football manager2018 Editorを使用してチーム名を日本語にしてみよう

今回は選手名を日本語化してみたいと思います。

なお選手だけでなく、監督やアシスタントマネージャー、スカウトやオーナーなどほとんどの人物の名前を編集できちゃいます、このゲームのデータベースの凄さを表していますね。

あと名前だけでなく能力値を見たり変更できたりもするようです、この画像はチェルシーのアザール選手の能力値です。ドリブルの能力値が最大の20とさすがの数値ですね。また契約期間や過去のクラブ在籍歴なんかも変えれてしまいます。
fmEd_15

私はゲームがつまらなくなると思って能力値の方は触っていませんが、期待の新人を探したり、お気に入りの選手の能力を確認する事にも使用できそうです。

Advertisement

日本語化には2つの方法がある

選手などの人物名の変更方法は実は2つの方法があります。

1. エディタで選手名を変更する
2. ニックネーム設定で変更する

1については前回の記事で紹介した通りで、データベースそのものを変更します。
2ですが、FM2018では人物名にニックネームを設定できます。ニックネームといってもあだ名を付ける訳じゃなくて、元ある名前に仮の名前を付けるという感じでしょうか。

変更方法の違い

エディタによる変更

・ ゲーム開始前に設定する必要がある
・ 変更した情報を他のゲームデータでも使用できる

ニックネームによる変更

・ リアルタイムで名前を変更できる
・ 他のゲームデータではまた設定し直しになる

これから長くプレイする予定で、いろんなチームでプレイしたいならエディタによる変更の方をオススメします。
ニックネームの設定の場合、毎回ゲームデータ毎に設定しないといけないので毎回変更作業をするのは結構メンドイです。
ただニックネームの方は、ゲーム中にリアルタイムで変更できるのは大きなメリットでしょう。

またこのゲームは時間経過があり、ゲーム内で2〜3年経過すると生成選手が誕生します、いわゆる架空選手です。
生成選手に対してはあらかじめデータベースで変更できないため、ニックネームで変更するしか方法がありません。
ま、正直生成選手も日本語にしないと気がすまねぇ!っていう超絶几帳面な人はそういないと思いますが・・・。

エディタによる変更方法

変更方法についてはチーム名の時の変更方法と同じです。

左下で「人物」を選択して検索します、条件の追加から「クラブ」を選択してクラブ名を入れます。前回の記事でクラブ名を日本語化していれば日本語で検索可能です。

それで検索すると選手以外のスタッフ等もヒットするので、絞り込むために条件の追加で「人物タイプ」を選び「選手」を選んだ状態で検索すれば選手のみを検索出来ます。
fmEd_16

お目当ての選手を探してクリックしたら「編集」ボタンを押します。
今回は上でも出たアザール選手の名前を変えてみます。
fmEd_17

ファーストネームとファミリーネームの箇所を変更します。が、この時も日本語入力が上手くできない人がいると思います。この場合、メモ帳などに日本語名を書いてからコピペすれば日本語を入れる事が出来ます。
フルネームの所は変更してもしなくてもゲーム内ではあまり関係ありません。

ちなみに私のオススメの変更方法は、ゲーム画面をウィンドウモードにしてブラウザを立ち上げて
Googleに英語の選手名を入れれば有名どころの選手名ならカタカナ表記の検索結果が出ます。
それをブラウザからコピペする方法です。
これはニックネームの設定の所でも使えるテクニックです。

ニックネーム設定による変更方法

ニックネーム設定はゲーム中にいつでも変更できます。
選手情報の概要の箇所に「ニックネーム」の項目があるので、ここから変更します。
fmEd_18

ここで日本語名を入れますが例のごとく日本語がすんなり入れれない人は、コピペ作戦でいきましょう。
fmEd_19

fmEd_20

入れた後はこの通り、名前が日本語になっていますねぇ〜。
fmEd_21

このニックネーム設定は監督やスタッフにも設定できるので、
モウリーニョやヴェンゲルといった有名な監督なども変えておくとニュースなどもわかりやすくなるので、一層ゲームを楽しめるかと思います。

私はプレミアのレスターでプレイしていて、リーグ戦で対戦のあるプレミアリーグのチームの選手はこのニックネーム設定ですべて日本語にしました。
作業量が多く地道な作業ですが、どの選手がどこに所属しているかとか無駄に詳しくなれるというメリットもあります。

あと他の国のリーグのMVPとかバロンドール発表時には有名どころの選手が出るので、
この時に日本語にしておくと後々移籍市場であ〜こいついい選手だったなーと選手を探す時に役に立ったりします。

他のゲームですがウイニングポストで架空人物を実名化する作業が好きな人なら、このチマチマした日本語化作業の快感をわかってくれるはずです(笑)

まとめ:日本語化する事でより一層楽しめるゲームに早変わり!

FM2018はサッカーシミュレータとしてはかなり完成されたゲームなのですが、
日本語化されていない事で敬遠している人も結構いるんじゃないかなと思います。

英語でプレイする事ももちろん可能ですが、慣れるまでは結構辛いと思います。

今まで紹介してきた方法で日本語化すれば、ゲーム内容もチーム名も選手名も日本語になるのでとっつき易さが違いますよ!