【football manager 2018】無料の公式 Editorでチーム名を日本語にしてみる

FM2018_title3
football manager2018(以下FM2018)はローカライズされていませんので、日本語版のゲームは出ていません。
そのため、通常プレイだと基本英語のプレイとなってしまいます。
以前の記事でゲーム自体は簡単に日本語化できる事は紹介しましたが、選手名やチーム名などは日本語表記にならず英字表記のままです。

こんな感じで日本語化の後もチーム名は英字表記です。
fm2018_10

選手名もこんな感じです。画像のチームはレスターですが岡崎もShinji Okazaki表記ですね。
fm2018_11

英字表記のプレイに慣れれば問題ないですが、やっぱりチーム名や選手名は日本語の方がゲームを進めるにはやりやすいです。基本データとにらめっこする時間が長いですからね。そこで日本語化の方法を紹介します。
日本語化はいろいろ方法があるのですが、今回はソフトがあれば無料で使用できる公式のエディタ「Football Manager 2018 Editor」を使用して変更してみます。
エディタの説明サイトがあまり無いので、参考になれば。ただ私も詳しい訳ではないので、違う点があったら申し訳ありません。

Advertisement

エディタのインストール

エディタはSteamのライブラリ内にあります。ライブラリの中のツールをクリックします。
fmEd_2

その中に「Football Manager 2018 Editor」があるので、ダブルクリックでインストールが始まります。
fmEd_1

これでインストールは完了します。

エディタを日本語化しよう

起動するとこの画面になりますが、見ての通り初期状態では日本語化はされていません。
fmEd_3

日本語化は簡単なので、まずは日本語化しましょう。

ゲーム自体の日本語化は終わっているという前提で進めます。日本語化できていれば下記のフォルダに「japanese.ltf」ファイルが出来ていると思います。

【Windows】
My Documents¥Sports Interactive¥Football Manager 2018¥language
【Mac】
Documents¥Sports Interactive¥Football Manager 2018¥language

Macだと下記の場所になります。
fmEd_5

ここにある「language」フォルダをコピーします。エディタをインストールしていれば同じ場所に「Editor 2018」フォルダが出来ているはずですので、この直下に「language」フォルダを貼り付けます。

Macだとこんな感じです。
fmEd_6

この後、エディタを再度起動すると・・・
fmEd_4

このように日本語化されています!

チーム名を日本語化してみよう

ではエディタを使用してチーム名を日本語にしてみましょう。
例としてチェルシーを日本語名にしてみます。

データベースを読み込むとこの画面になります。
fmEd_7

次に左下のクラブを選択して、チェルシーを検索します。条件の追加を押して「名前」を選択、検索は英字表記のチーム名を入れてEnterで検索します(別に国から検索してもディビジョンから検索しても全然構いません)

fmEd_8
するといくつか候補がヒットします。チェルシーでもいろんな国で同じチーム名がありますが、国名がイングランドのチェルシーを選んで下の編集ボタンを押します。

fmEd_9
するとこの画面になります。とりあえずゲームを進めるにあたってチーム名がよく出るのは名前と略名の所になるのでこの2箇所を日本語に変えます。

fmEd_10
こんな感じです。ちなみに直接日本語を入力しようとしても何故か入らないと思います(入る人もいるようですが・・・)
おそらく日本語をサポートしていないからだと思うんですが。
そこでメモ帳などに「チェルシー」と書いてコピペすれば画像のように文字が入ります。

続けて変更したい場合は左上のデータベースをクリックすれば検索画面に戻りますので、同じようにクラブ名を検索して変更します。ちなみにこの後アーセナルも名前を変更してみました。

fmEd_11
変更した箇所を確認するには、左上の「データベース変更」をクリックするとこのように変更した箇所を確認できます。
なお画面にも表示されていますが全てのデータはユニークなIDが振られており、それがキーとなっています。選手名や監督名などにもユニークなIDが振られています。

一旦ここでエディタデータの保存をします。左上のファイルの中にある「名前を付けてエディタデータをセーブ」で保存します。名前はわかりやすい名前を任意でつけて構いません。

エディタデータを反映させてみよう

エディタデータはゲーム開始時にエディタデータを読み込ませる事でゲームに反映させる事が可能です。

fmEd_12
キャリアを開始するとこの画面から始まりますが、右上にあるデータベースの所をクリックします。

fmEd_13
するとエディタデータを反映させるかどうかを選択が可能です。先程作成したデータは「testdata」という名前で保存しているので、チェックを入れて反映させてゲームを開始してみます。

fmEd_14
するとこのとおり、チェルシーとアーセナルだけ日本語になっているのが確認できます。
これを繰り返せばリーグ全体のチーム名を日本語にする事が可能です。
4大リーグ全部とかしようと思うと中々大変ではありますが・・・。

次回は選手名の変更方法について書く予定です。